ビットコインウォレットの種類

安全にかつ確実にあなたのビットコイン資産を守るウォレットの種類について解説します。

ビットコインのウォレットは

デスクトップウォレット(PC)
ウェブウォレット(Web)
モバイルウォレット(スマートフォン)
ペーパーウォレット(紙に印刷)
ハードウェアウォレット(専用財布端末)

等の様々な形式があります。
各形式でセキュリティの高さや利便性が異なります。普段使用する小額を保管するのは、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、長期的な大金の保管にはオフライン環境のデスクトップウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットがおすすめです。

ここではこのホームページ管理人の「暗号通貨革命家」が愛用しているウォレットと一般的なウォレットについて解説します。

オンラインウォレット, ウェブウォレット

口座開設・設定が簡単でどのコンピュータからもアクセスが出来るのが長所です。しかし、基本的にセキュリティ面はサイト管理者に一任されるため、信用できるサイトを選ぶことが重要です。
第三者にサイトがハッキングされ盗難されたり、一時的にサイトに接続できなくなった場合利用できなくなる可能性もあるので、大量のビットコインを管理するのにはおすすめしません。
サービスによってはデスクトップウォレットやモバイルウォレットを提供している場合もあります。


ウェブウォレットで最も有名なのはBlockchain.infoですね。日本語対応でウェブウォレットの最大手

ウェブウォレット最大手であることからか利用している方は多いです。しかし私、暗号通貨革命家はまったくおすすめしません。また、初心者の方はこのウォレットのことをブロックチェーンと呼んでいますがビットコインの分散管理台帳のブロックチェーンなのかブロックチェーンウォレットのことを言っているのかという錯誤が生じがちです。

モバイルウォレット

iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するウォレットです。QRコードが利用できる点や持ち運びができる点で、実際の店舗利用には非常に便利です。インターネットに接続せずオフライン環境のウォレットとして使用する場合を除いて、ウェブウォレットほどではありませんが、セキュリティ面では劣るため、大量のビットコインの管理にはおすすめしません。
なお、端末上にビットコインを保管せず外部サイト上にビットコインを保管するアプリや、マルチシグネチャにより秘密鍵の一部を第三者に渡す形式のアプリ、その他秘密鍵がスマートフォン以外の場所に保存されているウォレットはウェブウォレットに分類しています。

AndroidならMycelium。
iPhoneならbreadwalletをおすすめします。

ハードウェアウォレット

専用の端末にビットコインを保管する方法です。基本的には長期的な保管用であり、オフライン環境下で保存することが可能であるため、ペーパーウォレットに次いでセキュリティ度は高いと思われます。見方によっては、パスワード等によって厳重に保護されているため、ペーパーウォレットよりも安全であるともいえます。PCに接続すれば簡単に使用できる利便性も備えています。

海外製ですがTrezorとLedger Walletは日本でも輸入されて販売されています。

多額のビットコインはセキュリティが最も高いとされるTrezorに保管することをおすすめします。

ビットコインウォレットの復元

ビットコインウォレットの復元フレーズ(復元シード)さえあればウォレットを簡単に取り戻すことができます。

例えばブロックチェーンウォレットへのログインパスワードを忘れた場合でも復元フレーズさえメモしてあればブロックチェーンウォレットを復元、または互換性のあるウォレットでブロックチェーンウォレットに入っていたビットコインを取り戻すことができます。

復元フレーズとは12または24の英単語もしくは日本語の単語の組み合わせです。

よくビットコインアドレスを復元フレーズだと勘違いされる方がいますが、アドレスは英数字の羅列です。

復元フレーズは12または24の単語の組み合わせです。

まず、あなたがビットコインウォレットを手に入れたら復元シードを紙に確実にメモし、大切に保管してください。

powered by crayon(クレヨン)